秘密分散機能搭載
スケールアウトNASを
ソフトウェアで実現する
次世代SDS

IzumoFSは既存のストレージユーザに寄り添いながら、ストレージに新しい価値を与える国産Software-Defined Storageです。冗長性や可用性はもとより、インライン重複排除、マルチプロトコル対応など、アプライアンス製品でも実現が難しかった機能を、衝撃的なほど簡単に利用できます。

IzumoFSは既存のストレージユーザに寄り添いながら、ストレージに新しい価値を与える国産Software-Defined Storageです。冗長性や可用性はもとより、インライン重複排除、マルチプロトコル対応など、アプライアンス製品でも実現が難しかった機能を、衝撃的なほど簡単に利用できます。

シンプル

Simple servers

ネームノード、メタデータサーバ等特殊な役割をもったノードを必要としない純粋なP2Pアーキテクチャで、可用性と拡張性をシンプルに実現。

ゲートウェイ不要のマルチプロトコル対応。

2ステップ、約1分でインストールが完了。

コストアドバンテージ

Cost down

Linux上で動作するソフトウェアで提供。用途に合わせてコモディティなハードウェアやネットワーク構成を自由に選択可能。

ハイパーコンバージド構成を組むことで、ノード台数の削減が可能。

3ノードからのミニマム構成。

カッティングエッジ

Cutting edge

高価な従来型ストレージでも実現の難しかった要件や機能をソフトウェアで実現。

インライン重複排除 / キャッシュハンドリング / 拠点間クラスタ / ノードリプレイス / バージョン管理機能付きスナップショット / クラウドバックアップ / etc.

特徴

秘密分散

データを複数のピースに分割し、一定数以上のピースが集まらないとデータの復元をできなくするセキュリティ技術です。秘密分散は一般的な暗号化とは異なり「鍵」が存在しません。ピース自体に元の情報が含まれていないため、一部のピースが漏洩した場合でもデータの復元は原理的に不可能となります。特に個人情報対策としてセキュリティレベルの高いデータ保護が可能になります。

Secret Sharing Scheme

インライン重複排除

通常のポストプロセス型の重複排除は、保存後に重複排除を行うため、一時的には大きな容量を必要とします。一方インライン重複排除はデータを保存する際に重複排除を行うため、一時的にも大きな容量を必要としません。また、インライン重複排除機能はキャッシュヒット率を高めるため、リード性能の向上にも寄与します。

In-line Deduplication

柔軟な構成

種類の異なる筐体や異なる搭載容量のノード同士、さらにハイパーバイザーやWebサーバなどの他のシステムと同じ筐体上でもストレージを構成可能です。ソフトウェア提供が可能なため、すでにお持ちの汎用サーバ機をご活用いただけます。

Flexible configuration

その他の機能、特徴

  • バージョン管理機能付きスナップショット
  • キャッシュハンドリング
  • シンプロビジョニング
  • ノードリプレイス
  • ノンストップ容量拡張
  • P2Pアーキテクチャ
  • 単一障害点の排除
  • 拠点間クラスタ
  • クラウドバックアップ
  • 管理コンソール (ブラウザ、CLI)
  • iSCSI対応
  • CIFS/NFS対応

ユースケース

File server image

ファイルサーバとして

CIFS/NFSプロトコル対応により、大容量で可用性と拡張性に優れるファイルサーバを構築可能です。別の用途で利用していた汎用サーバ機上に分散ファイルサーバを構築することも可能です。

VDI image

仮想化基盤の共有ストレージとして

仮想環境のOSイメージを保存する外部ストレージプールとして構築できます。iSCSIプロトコルに対応しているため、一般的なネットワーク設備が利用できます。

Web service image

Webサービスのバックエンドとして

Webサービスのコンテンツサーバとして、動画や写真、音楽などの大容量コンテンツを冗長化して保存します。また、増え続ける膨大なログの保存場所としても適しています。