ただ新しいだけじゃない。
これまでのストレージの置き換えを目指した、
そのための特徴を兼ね備えています。

IzumoFSは、秘密分散やインライン重複排除、バージョン管理機能付きスナップショットといった最先端の機能を備える一方で、汎用的なプロトコルのサポートやシンプルな管理機能、インストール方法など従来のストレージを踏襲しながらより高性能なストレージを容易に構築可能です。

純粋なP2Pアーキテクチャ

IzumoFSは全てのノードが同等です。特別な役割を持ったノード、例えばメタデータサーバや、特別な処理を行うノードが存在しない、純粋なP2Pアーキテクチャで構成されています。もちろん、CIFS、NFS、iSCSIについても、ゲートウェイやコネクタを一切必要とせず、各ノードが直接3つのプロトコルを使った通信に対応します。

特別なノードが存在しないことで、単一障害点を排除することができ、特定のノードが性能面でのボトルネックになることもありません。これにより、本当の意味でリニアに容量とパフォーマンスをスケールさせることができ、圧倒的にストレージの構成がシンプルになり、システムの導入から運用まで一貫した管理コストの削減が可能です。

純粋なP2Pアーキテクチャ

1分で簡単インストール

IzumoFSは完全にソフトウェアのみで提供されるため、CentOSかRHELがインストールされたお好みのIAサーバをご用意していただけば、あとは2ステップのコマンドで、わずか1分以内にインストールが完了します。インストール後、ウェブブラウザから管理画面を開いてノードを追加すれば、ストレージプールの作成が瞬く間に完了します。

構築のためのスクリプトを用意する必要がないほどシンプルですが、CLIによって提供されるAPIを利用することで、さらなる自動化が可能です。熟練のストレージエンジニアを必要とせず、サーバ管理者によってストレージ管理が可能となるため、人材リソースの最適化にも繋がります。

2 Stepで完了するインストール

秘密分散による
高セキュリティデータ保護

データを複数のピースに分割し、一定数以上のピースが集まらないとデータの復元をできなくするセキュリティ技術です。秘密分散は一般的な暗号化とは異なり「鍵」が存在しません。ピース自体に元の情報が含まれていないため、一部のピースが漏洩した場合でもデータの復元は原理的に不可能となります。特に個人情報対策としてセキュリティレベルの高いデータ保護が可能になります。

これまで構築、運用が非常に手間だった秘密分散を、共有フォルダ単位に適用可能です。秘密分散は複数のノードへピースを分割するため、データの冗長化も同時に実現します。

Secret Sharing Scheme

インライン重複排除

通常のポストプロセス型の重複排除は、保存後に重複排除を行うため、一時的には大きな容量を必要とします。一方インライン重複排除はデータを保存する際、リアルタイムに重複排除を行うため、一時的にも大きな容量を必要としません。また、インライン重複排除機能はキャッシュヒット率を高めリード性能の向上にも寄与するほか、SSDの長寿命化にも貢献します。

IzumoFSの特徴は、このようなメモリ上でのデータ処理に長けていることです。本来であれば懸念される重複排除処理のパフォーマンス的オーバーヘッドを極限まで無くすところに、私たちのテクノロジーがあります。

ポストプロセス重複排除とインライン重複排除

ソフトウェアデファインド
だからこそ可能な柔軟な構成

IzumoFSは、メーカーや性能、搭載容量の異なる筐体同士を組み合わせて、単一のストレージプールを構成することができます。さらにハイパーバイザーやWebサーバなどの他のシステムと同じ筐体上にインストールすることも可能です。もちろんネットワークも用途によって柔軟に選択可能です。

高スペックの筐体を使用してパフォーマンスを突き詰めた構成から、安価で大容量なアーカイブ向け構成まで、自由に思い通りなストレージを構築できます。

柔軟な構成

リソース統合とBCPを
実現する拠点間クラスタリング

分散ストレージソフトウェアの中でも拠点をまたいだクラスタリングが可能なIzumoFSでは、従来型方式とはBCPに対する考え方が異なります。DR専用に遠隔地にバックアップを持つのではなく、ユーザーの分布に合わせてノードを配置し、各拠点のユーザは最も近隣のノードにアクセスすることでユーザビリティを犠牲にせずにDRが可能です。

また従来、災害が起きなければ無駄になってしまうDRサイトが、日々の業務で利用できるようになることで、コストダウンはもちろん災害時にしか行わないデータリストア計画が必要がなくなり、IT担当者の負担を大幅に軽減します。

無駄のないBCP