ストレージを真にインフラにする

まるで水のような、蛇口をひねるくらい簡単で、必要な時に
必要なだけ供給され、コストパフォーマンスに優れる、
そんなストレージを目指して、私たちは次世代の
Software-Defined Storage (SDS) をゼロから開発しました。
IzumoBASEは、オフィスデータ、メディアコンテンツ、
センサーデータ等、留まることなく増大するデータを活用するための、
最先端のストレージソリューションを提供します。

ビジョン

ストレージを再定義する


私たちはソフトウェアでストレージを作り、これまでにない抜群の可用性、冗長性、セキュリティを、最高のコストパフォーマンスで提供することを目指しています。昨今、クラウドサービスの本格的な普及や、ビッグデータ、IoT (Internet of Things)、動画などの非構造化データの増大により、安価に、かつすぐに活用できる状態でデータを保存しておくことがますます求められています。これらは解決しなければならない課題であると同時に、今後この様なデータを使ったさらに革新的なサービスや製品が登場することを意味しています。

ITインフラの中でも根底となるストレージに変革をもたらし、より自由で、速くて、安全なデータの活用を促進して未来の技術開発を加速させること。ひいては社会全体の発展に文字通り根底から貢献すること。私たちの製品と技術は、それを可能にする最も先進的で、洗練されたソリューションのうちの一つです。

Big Data, Cloud, Media, Internet of Things

チーム

最先端の製品に相応しい人材と環境


IzumoBASEでは、未踏スーパークリエーターでもある荒川を筆頭に、数々のプログラミングコンテストで受賞歴を持つメンバーが開発に携わっています。また、私たちが使用するハードウェアやソフトウェアは、各メンバーに最適化された環境が用意され、パフォーマンスとモチベーションを最大限に引き出し、常に前を見続ける最新の職場環境を生み出しています。私たちが目指す次世代のSDSを開発するためには、次世代に相応しい人材と働き方が必要だと考えています。

会社概要

基本情報とアクセス


社名
IzumoBASE株式会社
設立
2012年4月27日
本社所在地
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-20-1
住友不動産西新宿ビル 33F
さくらインターネット内
最寄駅
丸の内線 西新宿駅
JR山手線 新宿駅
代表取締役
荒川 淳平
事業内容
ストレージソフトウェア製品の開発・販売